シニア

発がんリスクを下げる

病院

過度の飲酒やたばこは、肝臓の機能を弱めて肝臓がんのリスクを高めてしまいます。それだけでなく、肝炎ウイルスに感染していることでも、発がんのリスクが上がるのです。一度は肝炎ウイルスの検査を受けることがおすすめです。

詳細を読む

日本人が患いやすいがん

医者

年々、患う方が増えてきているのが大腸がんです。日本人では患う方が胃がんの次に多いがんであります。大腸がんは直腸、S状結腸、上行結腸、横行結腸、盲腸、下行結腸にできるがんのことで、粘膜細胞ががん細胞に変化してしまうことで発症します。原因としては、過度の飲酒や喫煙、運動不足、肥満が主に挙げられます。油っこい食事が多く、運動不足な方は要注意と言えます。さらに遺伝により大腸がんを発症しやすい方もいるので、親族に大腸がんを経験している方がいる場合も注意しましょう。大腸がんには初期症状がありますが、下痢と便秘を繰り返すことが続く、排便後でもすっきり感がない、お腹が張ったり痛みを感じたりするなど、一見なんでもないような症状が多いです。しかし、中には血便や急な体重減少など、わかりやすいものもあります。ちょっとした血便の場合、痔と勘違いして放置されることが多いようですので、血便が複数回見られた場合には念のため医療機関を受診することをおすすめします。大腸がんは患う方が多い分、治療法の幅も広がっています。そのために、患う方は多いですが生存率は上昇傾向にあります。大腸がんはがんの中でも進行が比較的遅いと言われていますので、初期段階での発見が重要なのです。また大腸がんの治療に関しては、最先端のがん治療である、免疫細胞療法が有効であるという報告があります。早い段階で大腸がんが発見できれば、副作用の少ない治療法で回復が見込めるのです。

風邪のような症状に注意

シニア

タバコを吸う方が、患うリスクが高くなると言われているがんが肺がんです。肺がんの初期症状は、風邪の症状と似ているために、初期段階での発見が遅れがちです。定期的な健康診断を欠かさないようにしましょう。

詳細を読む

多くの治療法を持つ

女医

がんは、生存率が上がってきているとはいえ患うと不安な病気です。横浜には、がん治療に特化した病院である、横浜クリニックがあります。最先端のがん治療も受けることができますので、資料請求をしてみることをおすすめします。

詳細を読む

Copyright© 2016 日本人が患いやすい大腸がん~幅広い治療法で完治を目指す~ All Rights Reserved.